60th ANNIVERSARY

Reborn to the future !

住まいと暮らしの幸せ創造企業

当社は2019年をもっておかげ様で創業60年を迎えることが出来ました。これも一重に皆様のご愛顧があってのことと深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

昭和34年10月に創業者の川浪慶一(初代社長)が現在地から200m程離れた長島4丁目に4坪ほどの小さな事務所を構たのが始まりです。
今でこそ、不動産業は社会的にも認知された業種ではありますが、創業者が会社を始めた当時は“不動産屋”と言われ、その地位も低くこれを正業として暮らしを立てることは極めて難しいものでした。
 そのようなこともあり、創業者はサイダーやラムネを作って会社の足しにしていたとのことです。

川浪榮二(二代目社長)が本格的に事業に参画し、昭和48年1月に現在の川浪不動産株式会社として法人設立しました。
現在地に社屋を新築して移転したのが昭和54年12月です。
この後に、賃貸不動産管理にコンピューターを青森市内でいち早く取り入れたのは当社でオーナー様や同業者様より高評価をいただきました。また新聞広告を数社でコラボレーション広告を開始したメンバーであったり、当時建築ラッシュのため供給不足で需要があった土地開発・分譲も積極的に行ったことなど多方面に評価をいただき黄綬褒章をいただいたのは二代目社長でした。

 それも初代社長から「人に騙されても人を騙す人間にはなるな」を常日頃から言われていた二代目社長はこの言葉を先代の精神として、「信用と信頼をモットー」を掲げていたからです。

 このように当社は60年を超えることが出来た訳ですが、人間で例えると還暦であり一昔前では定年退職が多い年齢でもあります。但し、会社というものには定年などはございません。
 定年はなくこれからも続くからこそ、今一度ここで、原点に立ち戻りつつも時代に沿った基本理念をもって地域社会への奉仕を忘れる事なく、皆様から信頼される不動産会社として頑張ります。
 現代社会においてAI・IT等のテクノロジーの発達により予想以上の速度で生活が変わっています。その速度に対応しなてくはいけませんが、テクノロジーには出来ない「人間」にしか出来ない能力があるということが見直されています。お客様を想い、新しいアイデアを生み出すことは、まさに「人」だけが叶えることのできる仕事なのではないでしょうか。そこに気付き、実行し、楽しむことで信用を得られるものと考えます。そして当社ではこれからを
“Notice , Run , Have fun = Credit & Trust”
気付く×実行する×楽しむ = 信用と信頼を得る
とし行動することを基本理念として活動してまいります。

 そして、この青森市の恵まれた景観と環境を大切に、潤いのある街づくり・人づくりに、少しでも役に立つことが出来ますよう社員共々、一歩、一歩、確実に前進して参ります。どうぞ皆様方におかれましては、今後も末永く、川浪不動産をご支援とご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。

取締役社長 川浪 一仁